カルミュー メソックス
     SO2対応型高反応性消石灰

製造・写真提供 吉澤石灰工業株式会社
カルミューメソックスは、細孔容積が大きいメソ
ポーラスな高反応性消石灰です。

【特長】
●大きな細孔容積と適切な粒度構成が、非常に優れた有害酸性ガス(HCl、SO)除 去性能を発揮します。
●輸送配管内の付着詰まり等が殆んどなく、作業性に優れています。
●取り扱いが簡単で、現有設備をそのままお使い頂けます。


【特性例】
カルミューメソックス 特号消石灰
平均粒径(μm) 7.5 6.0
BET比表面積(u/g) 43 13
動的見掛け比重(−) 0.50 0.57
細孔容積(cm/g) 0.20 0.06
CaO(%) 73.0 72.7


【細孔分布】
〔消石灰の細孔とは〕
消石灰粒子は微細な一次粒子が凝集した二次粒子として存在します。細孔
は一次粒子間の空隙を意味します。
〔メソックスの細孔は〕
従来の消石灰と比較して、特に径が2〜10倍の部分に広く分布している
ことが特長です。
〔細孔径が大きいことは〕
酸性成分との反応により個々の一次粒子が膨張してとしても、粒子間の空
隙が閉塞しにくくなります。従って反応の持続性が高いと言えます。
メソックスカタログより


実炉データ例
A工場(全連ストーカ式焼却炉 BF入口温度150℃ SO制御)
▼HCl除去性能 ▼SO除去性能
メソックスカタログより メソックスカタログより


B工場 (准連ストーカ式焼却炉 BF入口温度200℃ HCl制御)
▼酸性ガス除去性能
   
   吹込量

    ○: 7〜10kg/h
    △:12〜14kg/h
    □:17〜20kg/h
メソックスカタログより





トップページへ戻る



カタログ請求       Copyright (C) 2003 Ookuborozai,Inc. All rights reserved.