商     号 大窪炉材株式会社 Ookubo Rozai,Inc.
本     社 茨城県日立市幸町1−22−1朝日生命日立ビル2F
T  E  L 0294−27−8808(代表)
F  A  X 0294−27−8807
営 業 時 間 8:00〜17:00(日曜・祝日は定休日)
営  業  所 タリーズコーヒー水戸駅南口店
タリーズコーヒーニューポートひたちなか店
創     業 昭和32年4月1日
設     立 昭和53年6月1日
資  本  金 1000万円
決  算  期 5月
売  上  高 30億2000万円(2007年5月期実績) 過去売上推移表
役     員 代表取締役社長  大 窪 祐 一
代表取締役専務  大 窪 聡 史
取  締  役  大 窪 美智子
取  締  役  大 窪 智恵子
監  査  役  分 領   忍
従 業 員 数 40名(アルバイト含む)
主 要 株 主 大窪祐一
大窪聡史
吉澤石灰工業株式会社
取 引 銀 行 茨 城 銀 行  多賀支店
み ず ほ 銀 行  日立支店
常 陽 銀 行  多賀支店
関東つくば銀行  多賀支店
U  R  L http://www.ookuborozai.co.jp/
メールアドレス info@ookuborozai.co.jp
福 利 厚 生 ホテルエピナール那須。他ナクアリゾート関連施設(保養施設)
経 営 理 念 当社は、最適な環境ソリューションの提供と新たな価値を創造創出することで、お客様に真に喜びと感動を提供する企業を目指します。
社     是 1.信用第一  2.和心協同  3.共存共栄
企 業 ビ ジ ョ ン 私たち大窪炉材が目指すのは、優れた環境ソリューションを提供することにより、お客様と地域社会に貢献することです。また、企業の発展と社会の発展のためにも、人々に喜びを感じていただけるような新しいビジネス領域へ積極的に展開して参ります。そして企業から地域の人々までサポートすることにより、「お客様へ最大の喜びを提供できる」無くてはならない企業へと進化し続けていきます
コンプライアンス
CSR
1.法律・社会的規範を遵守した行動をします
2.社内規則・ルール等を遵守した行動をします
3.企業論理を遵守した行動をします
4.企業ビジョンに適った行動をします
5.公正で透明性の高い業務運営を行います
6.環境との調和を考えた、資源の有効活用を行います
7.社会貢献活動を積極的に推進します
8.従業員にとっての働きやすい職場作りに努めます



昭和32年 4月 吉澤石灰工業株式会社の北関東地区への石灰石・生石灰・消石灰の販売代理店「大窪炉材工業所」として発足する。
昭和53年 6月 吉澤石灰工業株式会社の資本参加を得て、大窪炉材株式会社に改組する。資本金4,000千円。創業者 大窪敬三が代表取締役社長になる。
平成 5年 5月 工業用炭酸カルシウム製造工場「いわき共同タンカル株式会社」発足。弊社が同工場発足に携わり、原料の供給と同工場製品の販売を始める。
平成 7年11月 資本金4,000千円から10,000千円に増資する。
平成13年 6月 パソコン2台を導入開始。
平成14年 6月 ホームページを開設する。
平成15年 3月 専務取締役 大窪慎一が代表取締役専務に就任。
平成15年 5月 優良申告法人として日立税務署より再表敬される。
平成15年 8月 代表取締役専務 大窪慎一が代表取締役社長に就任。
平成16年10月 取締役 大窪祐一が代表取締役社長、取締役 大窪聡史が代表取締役専務にそれぞれ就任。
平成18年10月 タリーズコーヒージャパン株式会社とFC契約締結。
タリーズコーヒーをひたちなか市と水戸市に2店舗同時出店。
平成19年 5月 創業50周年に売上高30億円を突破。
平成19年11月 業容拡大のため、本社社屋を日立市幸町へ移転。
平成20年 6月 大塚商会とITパートナーシップ契約。本格的なITインフラ構築が開始。基幹業務システム「スマイルBS」及びグループウェア「アルファオフィス」を導入。 
平成20年 7月 茨城県エコ事業所制度申請中。本年10月エコ事業所認定予定。



石灰石、生石灰、消石灰、炭酸カルシウム販売
耐火煉瓦類販売
灯油、軽油、各種重油及び再生油、潤滑油販売
工業薬品類販売
石膏、ベントナイト、珪石、珪砂類販売
土木・建築資材販売
エクステリア材販売
飲食店の経営




 代表取締役社長 大窪祐一 (営業グループ・企画・管理担当)

 この度は弊社のホームページにアクセスしていただき誠にありがとうございます。
 弊社は昭和53年6月に吉澤石灰工業株式会社の協力を得て北関東地区への石灰石、生石灰、
 消石灰の販売代理店として発足いたしました。
 「お客様第一、信用第一、和心協同」の精神をモットーに活動する弊社は、自然と人間との
 調和を保ち、子供たちに豊かな未来を残す為、地球温暖化の原因である亜硫酸ガス、フロン
 ガス、炭酸ガス、更にはダイオキシン、廃水中の重金属等に対して、石灰をはじめとする環
 境ソリューションを提供し、地域社会の環境保全に貢献しております。
 また、地球の持つ豊かな自然環境は私たち人間が心豊かに暮らすために必要不可欠なもので
 す。そうした中で弊社は、地域社会に密着しながら、人々の生活に役立ち、心豊かな生活を
 サポートする企業として、活動し、発展することを目指しますので何卒よろしくお願い申し
 上げます。


 代表取締役専務 大窪聡史 (財務経理グループ・企画・管理担当)
 
 この度は弊社ホームページにアクセスしていただき誠にありがとうございます。
 現在の日本を取り巻く環境は規制緩和に伴う競争の激化、急速なグローバル化や情報技術の
 進展、金融機関の相次ぐ合併などで大きく変わろうとしています。
 そうした中で私ども経営陣は、ステークホルダーに貢献し、かつその信頼を勝ち得ていくた
 めに、時代の潮流を的確に読み、企業経営に精進したいと考えております。
 私ども大窪炉材は未来社会へ大きな夢を抱きながら常にチャレンジしております。それは既
 成概念にとらわれない価値観の形成を図るとともに、新しい価値を創造していくためです。
 単に物を売るだけでなく、お客様へ付加価値の高い商品を提供できるようになるためには、
 それが必要不可欠と考えています。
 私どものビジョンにありますように、お客様へ最大の喜びを提供できる無くてはならない企
 業を目指して参りますので、今後も一層のご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げま
 す。
 



旭鉱末株式会社 日鉄鉱業株式会社
いわき共同タンカル株式会社 日鉱金属株式会社
エスビック株式会社 三井造船株式会社
小名浜製錬株式会社 双日株式会社
株式会社クレハ 日本ケミコン株式会社
株式会社クレハ環境 株式会社日立ライフ
堺化学工業株式会社 日立寒水石株式会社
常磐共同火力株式会社 三菱マテリアル株式会社
株式会社ジャパンエナジー 三菱原子燃料株式会社
太平洋セメント株式会社 宮城石灰工業株式会社
東邦亜鉛株式会社 吉澤石灰工業株式会社
東邦チタニウム株式会社 株式会社ヨータイ
トモエ化学工業株式会社 菱光産業株式会社

その他数十社(あいうえお順)


トップページへ戻る



会社案内請求     Copyright (C) 2003 Ookuborozai,Inc. All rights reserved.