〜F4のはじまり〜

日本のナショナルフォーミュラであるF4レースは、JAF地方選手権として開催され、現在は東日本と西日本の2シリーズで構成されています。
F4は、FJ1600とF3の間を埋めるカテゴリーとして1993年にスタートしました。
当時、FJ1600からのステップアップカテゴリーとして位置付けされていたF3のハイレベル化に伴い運営コストが高騰、コストギャップの拡大からステップアップが非常に困難な状況となっており、日本のフォーミュラピラミッドの一角を担う、新たなミドルフォーミュラへの期待が高まっていました。
このような時代背景のもとF4は誕生したのです。
〜F4の特性〜

シャシーは、F3をベースとした本格的なものですが、コスト軽減を重視するために高価な材料の使用を禁止し、主要部品は認定制度として価格規定までをも採用した結果、コストの低減と同時にイコールコンディション化を実現しました。
タイヤはヨコハマ製ワンメイク。パフォーマンスはF3とほぼ同等で、マシンセッティングもF3同様に自由に出来ることから、ベテランドライバーにとってはノウハウの見せ所であり、若いドライバーにとっては経験の蓄積に大変価値があるものになります。
以上のようなパッケージをまとったF4,その性能はラップタイムがF3の約90%、コストが約1/3となっております。
〜近年のF4レース状況〜

F4参加層は広がりを見せ、ステップアップを目指す若いチャレンジャーに加えて、経験とドライビングテクニックに長けた、そしてフォーミュラレースに生き甲斐を持たれている方々の参加が増えつつあります。
そのことがF4レースの内容を濃いものにしまた世代交代により、若いドライバーの育成にも役立っているのです。
また、近年ではF4からFニッポンへステップアップを果たしたドライバーも少なくありません。

                 (F4ガイドブックより)

□■□■□マシンスペック□■□■□
(写真とスペック表はウェストレーシングカーズ蒲lより)
車輌スペック (WEST056)
シャーシ アルミニウムモノコック
HEIGHT/LENGTH/WIDTH 980/3750/1580
ホイールベース 2480mm
フロントトレッド 1395mm
リヤトレッド 1325mm
サスペンション WISHBONE/PUSHROD/HORIZONTALMOUNT
ダンパー SPECIAL(GAS DAMPER TYPE)
ブレーキ 4PISTON CALIPER
ミッション 5速戸田レーシングトランスミッション
車輌重量 480KG
エンジン搭載可能機種 ホンダB18C
最高速度 260キロ以上





TOP

Copyright (C) 2004 satoshi ookubo web. All rights reserved.